What's New

新着情報

2010/11/06 add/img/news/info_status_02.gif
トルマリン


解説

◆カラーバリエーションが豊富な石で、ひとつの石に2つのカラーが入るバイカラーや3色が入るトリカラーといったものも存在します。結晶を輪切りにしたときに、周囲が緑色で中心がピンク色なども存在し、その色がスイカの切り口に似ていることから、”ウォーターメロン・トルマリン”(ウォーターメロン=スイカのこと)などと呼ばれます。

豆知識

◆日本名では「電気石」と呼ばれており、結晶を熱すると電気を帯びるという性質を持っています。アムステルダムの宝石商人たちは、その性質を利用し、刻みタバコの灰を吸い取るのに使いました。

◆「成功」などが象徴する言葉とされています。

セールスポイント

トルマリンは健康グッズやパワーストーンのイメージをお持ちの方も多いと思います。が、元来トルマリンは色の豊富さや透明感からジュエリーとしての価値も高く、世界中で愛されている石です。M&R で扱っているトルマリンはカラーもカットのバリエーションも豊富なので、オンリーワンのマイジュエリーを探している方にぴったりです。